「男に日焼け止めは要らない」はもう古い!

かつては「男には日焼け止めなんか必要ない」「ガンガン日光を受けて、黒く焼けてこそ男らしい」なんていう価値観が通用していました。しかし、環境の変化などによって年々日光は強く苛烈なものになっており、もはやそんな価値観や意地が通用するレベルではありません。ましてや砂浜や海上は陸地よりもはるかに日光が強いため、対策なしで出かければ痛い目を見るでしょう。
確かにまったく焼けていない真っ白い肌は、海オヤジとして相応しくないかもしれません。しかし日光対策をしながらほどほどに焼けることは十分できますし、むしろほどほどに焼ける、くらいまで日焼けを抑えられるようにしないと黒くなりすぎてしまいます。そうなれば当然、皮膚ガンや炎症などのリスクが高まります。
しかし、今更日焼け止めといわれてもやり方がわからない、という方も多いはず。そこで今回は、日焼け止めを選ぶポイントを簡単にまとめさせていただきます。

日焼け止めを選ぶ基準「SPF」と「PA」の意味

日焼け止めの効果の強さを表す数値には、「SPF」と「PA」の2種類があります。これはそれぞれ「Sun Protection Factor(サン・プロテクション・ファクター)」と「Protection Grade of UVA(プロテクション・グレイド・オブ・UVA)」の略で、SPFは数字で効果の強さが表され、PAは「+」の数で強さが表記されます。
また、紫外線はUVA、UVB、UVCの3種類に分類できるのですが、SPFはUVBを、PAはUVAを防ぐものという分担です。UVBはシミやソバカス、そして炎症を引き起こし、UVAはシワやたるみなどで肌を老化させます。

SPFやPAはどれぐらいのものを選ぶべきか

船舶で海上に出る場合はかなり強い日光を浴びることになるため、SPFは50、PAは++++を選ぶとよいでしょう。これはSPF、PAともに最高クラスの日焼け対策効果を表す数値です。
ただし効果が強い分だけ肌に与える悪影響も大きいため、曇っていたり、浜辺にはいくものの海上には出なかったりする時には使用を避けたほうがよいでしょう。そういった時にはSPF30、PA+++くらいのものが適切です。
また、自分の肌の強さや体質などもしっかりと踏まえる必要があります。敏感肌であったり、肌が弱めであったりする方は基準より少し弱いものから試してみることをオススメします。

海で活動するなら「ウォータープルーフ」も選択肢に

日焼け止めのうち、肌にしっかりと密着し水で落ちにくいものを「ウォータープルーフ」と呼びます。海に出れば当然水を浴びる機会も多いため、ウォータープルーフの日焼け止めはより高い効果を発揮します。
ただし、ウォータープルーフは肌へのダメージがやや高めです。特にSPF50、PA++++かつウォータープルーフの日焼け止めともなればかなりの負担を肌に強いるでしょう。もし毎日のように海に出て日焼け止めを使うのなら、これは推奨できません。SPFやPAは同じでもウォータープルーフのないものを選び、定期的に塗り直すほうが安全です。
その際は水を浴びる度合いにもよりますが、30分に1回ほど塗り直すとちょうどいい塩梅となるでしょう。
また、ウォータープルーフはその性質上、単なる水洗いでは落ちません。専用のクレンジング用品などを用意し、海から戻ったらしっかりと洗い流しましょう。