海ファッションは足元まで!実用性の高いマリンシューズでキメる

生活の様々なシーンに応じたファッションがあるように、海にもまた、海に合ったファッションというものが存在します。しかし、服やズボン、水着には気を配っていても、足元はとりあえずビーチサンダル、なんて選び方をしてはいませんか? 実は海用の靴はビーチサンダルだけではなく、ビーチサンダルとはデザインや用途が大きく異なるシューズが存在するのです。
今回は、そんなシューズの中でも特に実用性の高いマリンシューズを紹介します。コーディネートを完成させるために、そして足元の安全を確保するために、しっかりと足元まで気を抜かずにキメましょう。

マリンシューズについてる

川や海など、水場でのアクティビティに役立つ靴がマリンシューズです。
ビーチサンダルとは異なり、普通の靴と同じように足を覆うタイプの構造をしています。水がシューズに貯まることなく抜けていく仕組みになっており、水場を歩いても靴が重くなりません。また、底はゴム底になっているため滑りにくく、濡れた岩場などを安全に歩くことができるようになっています。

ビーチサンダルとマリンシューズの使い分ける

ビーチサンダルとマリンシューズはどちらも水場で役立つ靴ですが、用途はかなり異なります。
使い分け方としては、水の中に入ったり、岩場などを歩いたりするのならマリンシューズを。砂浜しか歩かない時はビーチサンダルを使いましょう。 しっかりと整備されている砂浜でマリンシューズを履くのはおすすめできません。マリンシューズは水の中や岩場を想定してつくられているため、砂への対
策がされていないのです。水はけこそ非常にいいのですが、砂はシューズの中にどんどん溜まってしまい、次第にシューズが重くなり、そのまま履き続ければ足を痛めてしまうでしょう。
ただし、砂浜の中でも沖縄の一部の海や、海外の海などはマリンシューズの着用が推奨されます。これらの砂浜にはサンゴの破片が埋まっていることが多く、サンダルや素足で歩くと足を傷つけてしまうおそれがあります。
岩場やあまり整備されていない砂浜でビーチサンダルを履くのも危険です。ビーチサンダルはマリンシューズに比べて滑りやすく、さらに脱げやすくなっていますので、貝や石から足を守れないこともあります。

マリンシューズはぴったりフィットするようにる

マリンシューズはアディダスやナイキなどのメジャーなブランドや、海のレジャー用品を専門に取り扱っているブランド、そして釣具店などからも展開されています。
そのため探してみると意外と選択肢が多いのですが、ちょっと気をつけたいのがその選び方。通常のシューズは履いた時に少し余裕ができるぐらいがちょうどいいとされていますが、マリンシューズはあまり隙間ができずぴったりとフィットするサイズを選びましょう。隙間が開いているとそこから砂や海の細かな漂流物などが入りやすくなってしまい、歩く妨げとなってしまいます。
また、マリンシューズにも通常のシューズと同様のサイズが設定されています。これは通常のシューズとほぼ同じ大きさとなっているため、マリンシューズを選ぶ時には通常のシューズと同じぐらいのサイズを基準とするとよいでしょう。ただし、ブランドによって同じサイズでも横幅や縦幅が微妙に異なるため、一番良いのは実際に試し履きしてから購入することです。