ハットをかぶり、気になる頭皮をしっかりガード!

青い水面、白い雲、眩しい太陽……海を形容する時によく言われるフレーズですが、これが定番となるほどに、海の太陽は眩しいものです。
砂浜や海で浴びる日光は地上よりも遙かに眩しい上に強烈で、対策することなく頭皮に浴びてしまうと、頭皮や毛根に手痛いダメージを与えてしまいます。オヤジにとって頭皮や毛根のダメージは死活問題です。自分は大丈夫、と思っている方でも海遊びを繰り返すうちに取り返しのつかない事態となってしまうかもしれません。
しかし、ご安心を。そんな事態を防ぐために、日光や紫外線を防ぐための海用ハットがしっかりと開発されています。頭をまばゆい日光から守りつつ、水への対策も万全。それでいてデザインも豊富でオシャレもできる。そんな海用ハットを紹介します。

海用ハットの基本、ビーチハット

海用ハットの基本とも言えるのがビーチハットです。これは名前の通りビーチで使うことを想定してつくられた帽子で、ビーチの環境に適した仕組みになっています。
紫外線をしっかりとカットする素材で頭皮を守りつつ、熱を逃しやすい構造でムレを防ぎます。さらに防水性もちゃんとあるため、濡れても気にせずにかぶり続けることができます。
ただし、あんまりにも水を吸いすぎた場合は一旦脱いだほうがよいかもしれません。海水に含まれている大量の塩分は、髪をつくる成分「ケラチン」を溶かし、さらに髪の毛から水分を奪ってしまいます。この状態が続くと髪の毛も頭皮もダメージを受けてしまい、結果的には抜け毛につながってしまいます。 ビーチハットの防水性能は優れたものですが、過信しすぎてはいけません。

サーフィン用だけど応用がきくサーフィンハット

ビーチハットとよく似た構造をしている、サーフィン用につくられた帽子がサーフィンハットです。こちらはサーフィンの際にかぶることで、波を見やすくしたり、転倒などによる頭の怪我を防いだりすることを目的としたアイテムです。
このサーフィンハットにもビーチハットと同じような効果を期待することができます。サーフィンもまた海で行うスポーツですので、日光を思いっきり浴びてしまう点は他の海遊びと同じ。そのため、サーフィンハットにも紫外線カットの機能や耐水性などを備えています。
また、サーフィンハットの意外な利点としてはデザインのカッコよさがあります。サーフィンはモテるスポーツとしての印象が強いせいか、サーフィンハットにはこじゃれたデザインやカラーリングのものが多く揃っています。もちろんビーチハットがダサいというわけではありませんが、男らしいカッコよさを求めるならサーフィンハットから選んだほうがいいかもしれません。

実は体の日焼けも防いでくれる

海オヤジなら少しぐらいは日焼けしていたほうが……と思うかもしれませんが、あんまり焼きすぎるのも体に毒です。しかし体に塗る日焼け止めは肌に負担をかけるものが多く、オヤジのちょっと疲れ気味の肌にはけっこうツラいダメージとなって蓄積します。
ビーチハットやサーフハットなら帽子全体が紫外線をカットする素材でつくられているため、かぶるだけで体全体への日光もそれなりに防いでくれます。