セックスを楽しむ人は死亡リスクも激減する!?

健康になりたいという目的でマリンスポーツを始めた方も多いでしょう。ダイビングも船の操縦もけっこう力が必要ですしスタミナも要求されるものです。実際に始めてみて健康的な肉体になっている人もたくさんいます。
実はマリンスポーツと同様に、セックスもまた「楽しみながら健康になれる」と言われています。気持ち良くなりながら体を気遣えるなんて最高ですよね。どうしてセックスが健康に良いのか、詳しいところを見ていきましょう。

マリンスポーツで健康になれる!

海のレジャーは体を使うので非常に健康に良いものです。例えばダイビングならば水中に潜ることで、水圧による血流増加が見込めますし、抵抗の多い海中での動作は筋肉を刺激して逞しい肉体を作るのに役立ちます。船を操ることも結構な体力が必要になります。それに、常に判断力が求められますから、脳がエネルギーを使います。釣りをすればリールを巻いて竿を持ち上げ、魚を取り上げるという動作で筋力も使うでしょう。船内を動き回ることだって時には必要です。海での遊びは楽しみながら鍛えることができるというわけですね。自分からやりたいと思って行うことですから、本当に素晴らしいことなのではないでしょうか。

週2のセックスで死亡率低下?!

昼の遊び・マリンスポーツに対抗して、夜の楽しみ・セックスでも健康効果が望めます。アメリカで研究されたものによれば、週二回のセックスが心臓発作のリスクを半減させることがわかったのです。
調査は40歳~70歳までの男性を対象に行われました。年齢、体重、血圧、コレステロール、生活習慣病など様々なリスクを考慮し慎重に追跡調査されたそうです。その結果、週2でセックスしている人は月1回以下の男性よりも心臓病のリスクが少ないことが判明したのです。
なぜこういう結果となったのか、シンプルに言えば「セックスもスポーツと同じくらい体を動かす」ことが理由でしょう。筋力増強、血流増加、ストレス発散など様々な健康効果がセックスにはあるということなのです。

エロがもたらす様々な男の健康効果

他にも性が関係する健康効果はたくさんあります。例えば1週間のうち、5回以上射精する人は前立腺がんになりにくいというデータもあります。さらには冬にセックスをすると免疫力が高まってインフルエンザの予防になるという報告まであるのです。
健康になるためには「食事」と「運動」が最も効果的、そう思われていますが実はそこに「セックス」も加わります。マリンスポーツ同様に楽しみながら健康になれる、なんだかとても素敵なことですよね。不惑の年を越えた今だからこそ、積極的に趣味に没頭しセックスをしていきましょう。健康的で若々しい生活は楽しみながら手に入れられるのです。