スリルを求めて、海の深みへ~ダイビングの種類を紹介

ダイビングライセンスにも多くのバリエーションがあるように、ダイビングにも実はいろいろな種類があります。ただボートで沖まで出て、漫然と潜るばかりがすべてではありません。ライセンスをランクアップさせて、より豊かに海中世界を楽しみませんか?

初心者向けダイビング

★ビーチダイビング
比較的浅瀬で行うダイビングのことを、ビーチダイビングと呼びます。サイパンやハワイなど、生き物が多い場所では浅瀬でも楽しいダイビングが体験できます。子どもでも安全に遊べるので、家族と一緒に潜るときは、ビーチダイビングが最適かもしれません。

★ボートダイビング
一般的にダイビングと言えば、ボートダイビングを指します。ボートで沖まで出かけて潜るダイビングのことです。スポットを選べば十分貴重な生物に出会える可能性もあります。ダイビングショップの初心者向けツアーに参加するときには、大体この形態になります。

玄人向けダイビング

★ケーブダイビング
ケーブとは、洞窟という意味。国内では「青の洞窟」が有名でしょう。独自の生態系が発達し、入り組んだ洞窟を潜るのは、スリルあふれる体験です。比較的高度なダイビングスキルが要求されるので、しっかりと経験を積んでから挑戦した方がいいでしょう。

★ナイトダイビング
その名前の通り、夜の海に潜ることをナイトダイビングと呼びます。ライトを持って潜ると、暗闇の中に魚たちの姿が浮かび上がります。パートナーと共にロマンチックなダイビングを楽しみたい方には、これ以上ないおすすめのアドベンチャーダイビングです。

★沈没船ダイビング
海には意外にも多くの船が沈んでいます。ボートでその付近まで出かけて潜ることを、沈没船ダイビングと呼びます。まるで探検でもしているような非日常的な気分が味わえるのが魅力です。船体に穿たれた穴に魚が出入りする姿を眺めるのも、心楽しいものです。

★アイスダイビング
非常にハイレベルなダイビングの1つに、アイスダイビングがあります。流氷の下に潜るので、スキルだけでなく、それ相応の準備も必要です。スリルは満点で、寒い海にしか生息しない魚もいるので、マニアックなダイバーからは人気を集めています。

ダイビングは、奥が深い娯楽です。ただ近海を潜っただけで海のすべてを知り尽くしたと思ってはいけません。経験を積んで、もっとスリリングなダイブに挑戦しましょう。