初めてのダイビング!成功するには?

ライセンス取得や体験ダイビングなどで初めて海で潜るということは、誰にとっても緊張するものです。水着1枚で海に入るのとはわけが違いますから、戸惑うことも多いでしょう。また今まで海水ではない真水のプールにしか入ったことがない人は、その浮力に驚くかもしれません。そこで初めてダイビングをする際、楽しむコツを紹介します。

ダイビングは姿勢が命

ダイビングの最初の難関は姿勢を安定させることです。最初は耳抜きをし、潜ろうと思っても海水の浮力によってなかなか潜れないことも多いはず。それになれないフィンや重い機材でうまくバランスがとれない、といったケースも少なくありません。

そこでまずはしっかりと体の浮力をなくすことを意識してみてください。肺に空気がたっぷり入った状態では、それが浮力となりなかなかうまく潜ることができません。そのためダイビング中は、息をしっかりと吐きだすことを意識することが大事。海中で姿勢をキープするためにも非常に大事なことなので、耳抜き同様忘れないようにしましょう。

またダイビング中の姿勢は、うつ伏せが基本です。力を抜き、足をのばし、タンクを背中の中央に背負うようにするとしっかりとバランスがとれます。もし泳いでいる最中にタンクがどちらかに偏ってバランスを崩しそうなときは、脇をしめるとグラつきを防ぐことができますよ。

ダイビングは泳ぐのも一苦労

ダイビングで泳ごうとしてみると、本当に水着1枚での海水浴との違いに驚くでしょう。フィンをつけているというだけでなく、とにかくうまく泳ぐことができません。足を動かそうとするとバランスがくずれ、思うように前にすすめないそうです。

そのため最初は少々不格好ではありますが、海底をハイハイするように進んでみましょう。どこを動かすとどのように重心が移動するのか、ひとつひとつ確認しながら進むといいようです。それに慣れてきたら手を離し、少しずつ泳ぐ姿勢へ移行していきます。プールで泳ぐのとは違い、ダイビングはすべての動作をゆっくりと行うのがコツ。足を動かすときもバタ足ではなく、フィンで水をあおぐようなイメージで行うといいそうですよ。

ゆっくりでも泳げるようになれれば、ダイビングを何倍も楽しむことができます。目の前を泳ぐ生物を追いかけたり、気になるサンゴに近付いてみたり。自分の好きなように動くことができますので、海の景色を存分に堪能することができるでしょう。

ただ体験ダイビングなどでは海底などにロープが張られており、それをたどりながら進むことが多いです。なのでいきなり最初から泳がなければならない、というパターンは少なく、泳げなかったとしてもそこまで不安に思うことはありません。

さらに初めてのダインビングでも、カメラを用意できればより楽しめます。ですが不安定な状態できれいな写真を撮るのはかなり難しいので、最初のダイビングでいきなりチャレンジするのはハードルが高いかもしれません。なかにはインストラクターがカメラを持っており、泳いでいる姿を撮影し、あとで販売したり無料で配ってくれたりすることもあります。どうしても思い出に残したいのであれば、インストラクターに相談してみるのもいいでしょう。

初めてのダイビングは、たいていの人がバランスをとることや耳抜きで精一杯でなかなか海中の景色を楽しむまでいかないことがほとんどです。ですが落ち着いてひとつひとつ対処していけば、慣れるのにそこまで時間はかかりません。何よりもまずは落ち着き、ていねいに行うことを意識すれば初めてでも楽しくダイビングできるはずです。