夫婦でダイビングの資格を取ってみよう!

最近では、ダイビングのライセンスを取得する目的で、沖縄などに旅行される方も増えています。ダイビングは自然そのものを楽しむレジャーであり、体も動かすので心身ともにリフレッシュできます。


そこで、ぜひご夫婦でライセンス取得を目指してはいかがでしょうか?

非日常を夫婦で楽しむ素晴らしさ

夫婦として何年、何十年も一緒にいると、お互いが空気のような存在になります。良く言えば「成熟した関係」なのでしょうが、悪く言えば「マンネリ化している」ということになります。
ダイビングは、潜った瞬間の景色の素晴らしさも魅力の1つです。その素晴らしさを一人ではなく、ぜひ夫婦で共有してみましょう。
海の中という非日常を夫婦で楽しむ。もちろん会話も増えるでしょうし、「ダイビング」という共通の趣味があるため、一緒に旅行に出かける楽しさも倍増するのです。

夫婦で海外旅行。そしてライセンス取得

ダイビングのライセンスを取得するのは、何も日本国内に限ったことではありません。もちろん日本国内で取得を目指しても良いのですが、中高年の夫婦の楽しみの1つに「海外旅行」があります。つまり、「海外旅行を楽しむついでに、ライセンスも取得する」というプランが人気を集めているのです。
どの国で取得を目指すのか?色々な国で可能ですが、人気なのがグアムです。ライセンスを取得できるプランの場合、飛行機代、宿泊費、送迎、ライセンス取得費用などが込みで5万円から出来る場合もあります。

実際、海外でライセンスを取得して、海外の海の魅力にハマる夫婦が増えています。いわゆる「リゾートダイバー」と呼ばれる方々ですが、「夫婦で海外旅行を楽しみ、ダイビングも楽しむ」なんて、周りが羨むこと間違いなしでしょう。

中高年だからこその醍醐味

若い人が、道に生えている花を見つけて「カワイイな~」と思うでしょうか?そのような些細な命や自然に惹かれるのは、むしろ中高年の方々なのです。若者の場合、ダイビングは「カッコイイ」や「ストレス発散」が主な目的ですが、海の中の自然を感じ、小さな生き物たちを愛でる目はあまりありません。
一方、中高年の方々であれば、そのような命を敏感に感じるのです。「ダイビングは若者の趣味」と考える方もおられますが、それは大きな間違いです。年齢を理由に躊躇せず、ぜひ一歩踏み出してみましょう!

宿泊先も豪華に行こう!

中高年ともなると、多少はお金に余裕のある方もおられます。その場合は宿泊先も豪華にしておきましょう。しかし、「部屋が広い」という意味の豪華ではなく、「食事が豪勢」という点にこだわった方が良いでしょう。
美味しい食事を頂きながらダイビングの話で盛り上がり、部屋で久しぶりの夫婦の営みも楽しいものです。精力に自信のない方は専門医に相談して、バイアグラを処方してもらいましょう。ジェネリックであれば先発薬品の半額程度で済む場合もあります。
ただし個人輸入だけは絶対に止めた方が良いでしょう。アメリカ産だから安心とはいえず、どこか他の国で作られたものがアメリカを経由して日本に入ってくることもあるのです。下手な偽物で健康被害が出ては大変ですので、ぜひ専門医に相談してください。

いかがでしょうか?ダイビングは前述の通り、若者だけの趣味ではありません。むしろ中高年の夫婦として時間とお金に余裕があるなら、若者よりも充実したダイバー生活を送れるでしょう。
夫婦の共通の趣味として、日本国内を巡るのも楽しいですし、リゾートダイバーとして世界中の海に潜るのも夢があります。ぜひライセンスを取得して、ダイビングを始めてみてはいかがですか?