耳抜きをマスターする

ダイビングのライセンスを取得する講習でも教えられる耳抜き。ダイバーとしては必須のスキルになります。ですがコツがつかめないとなかなかうまくできず、耳に水がたまってしまったり中耳炎になってしまうこともあるようです。最悪は鼓膜が破れる、という事態にもなりますので耳抜きは何としてでもマスターしておきましょう。

耳抜きの必要性

そもそもダイビングでどうして耳抜きが必要になるのか。耳抜きは、潜ることで変化する水圧から鼓膜を守る役割があります。耳抜きをしなくても潜ることは不可能ではありません。しかしそれなりにリスクがあります。耳抜きをせずに潜った場合、変化する水圧から鼓膜を守るため、耳のなかに体液がにじみ出てくるそうです。体液、つまり水が溜まっている状態なら鼓膜は守られていますが耳が聞こえにくくなるなどの不快感が伴います。さらに潜るスピードに体液の排出が間に合わない場合、最悪は鼓膜が破れることも考えられるそうです。

また体液自体は無菌ですので、そのまま何事もなければ1週間ほどで再び体に吸収されもとに戻ります。しかし吸収される前に細菌に感染してしまうと、中耳炎になることもあるそうです。このようなことから耳抜きをしないで潜水することは非常にリスクが高く、おすすめできません。また中耳炎の経験がある人はおわかりでしょうが、完治まで意外と長期間かかるうえ、頻繁に耳鼻科に通わなければなりませんね。もちろんその間はダイビングも控えなければならないので、耳抜きは必須なのです。

耳抜きができない原因は、鼻にあることも

初心者のうちはコツがつかめていなかったり、慣れていなかったりでできない人は多いかもしれません。ですがある程度経験を積んでいるのにもかかわらずうまくできない人は、鼻に原因があることも考えられます。とくに花粉症など、アレルギーを持っている人は慢性的な鼻炎や副鼻腔炎を発症していることが多く、耳抜きがうまくできないことが多いそうです。それは鼻のなかにある空気の通り道が、鼻炎などの炎症によってはれ、つぶれてしまっているから。空気が全く通らない、もしくはほとんど通らない状態になっているため、うまく耳抜きができないんだそうです。

そのため、耳抜きがうまくできないことに悩んでいるならまずは耳鼻科を受診してみることがおすすめ。意外と鼻炎を持っていても自覚がない人も多いようです。鼻で呼吸しにくい、よくいびきをかく、といった人は鼻にトラブルを抱えている可能性が高いようですので、一度受診してみましょう。

耳抜きのコツ

耳抜きはダイビング中、何度も行う最もポピュラーなスキルです。ですが実際に潜っているとつい潜ることに集中してしまい、忘れがちになってしまいます。耳に少しでも違和感があるときは、早めに行うようにしましょう。

耳抜きの方法は、鼻をかみ過ぎた感じによく似ています。軽く息を吸って目を閉じ、鼻をつまんで鼻をかむように空気を送ります。鼻をかみ過ぎたときのような、空気が耳に抜ける感じがしたら完了です。これをできるだけ頻繁に、頭が下の逆立ちのような姿勢で行わないよう注意してください。

耳抜きのコツは、何よりもタイミングなんだそうです。少しでも耳に違和感を感じたら手間を惜しまずに、頻繁に行うことがトラブルを避けるためには重要。水面で1回、頭が沈んだら1回、水深1メートルでさらにもう1回など自分なりにタイミングを決めておくとトラブルになりにくいはずです。またもし耳抜きがうまくできず、耳が痛くなってしまったら早めに同行しているインストラクターに伝え、それ以上潜らないようにしましょう。インストラクターに伝えるときは大きく耳を指さすようなジェスチャーをすればOK。無理をしてそれ以上潜ることはしないようにしてください。

耳抜きはダイビングでもっとも基本的かつ重要なスキルです。ライセンス取得のための講習でもしっかり教えられますが、最初のうちはいまいちタイミングやコツがつかめず、苦労するはずです。これからダイビングを楽しむなら、まずはいつでも完璧な耳抜きができるよう練習してみましょう。